フィルム感度の選び方:写真光テクニック

ワンランク上の高品質フォトブックを作成したい。どうすればいいでしょうか??
正解は撮るだけフォトブックを利用することです。 『撮るだけフォトブック』無料編集ソフトを使用して、ご自宅からご注文いただけるサービスです。
公式サイト▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

フィルム感度の選び方:写真光テクニック

 

フィルム感度の選び方:写真光テクニック

 

      

 


フィルムを選ぶ場合、フィルム感度を考えなければならない。

 

フィルム感度とはiso感度のこと。isoが高いと、フィルムの感光性能が良くなる。

 

晴れた日に撮影しているなら、IS0100 でいいが、冬のくもった日ならIS0400がいい。

 

カラーフィルムはIS01600まであるが、そこまで感度を上げることによる欠点もある。

 

画像が粗くなリ(デジタルでは“ノイズ”とい う)、感度の低いフィルムと比べると、色が鮮やかではない。

 

そのため、僕はフィルム感度がIS0400以上のものは使わない。

 

高感度のフィルムが必要な場合は、モノクロにする。

 

基本的に、ISO感度が低いほど、画像の質は良くなる。

 

デジタルカメラでは、センサーの感度を選択することができる。

 

これは、フィルムと同じようにISOで表示され、またフィルムと同じく ISOが低い(低感度)ほど、画像の質は良い。

 

ワンランク上の高品質フォトブックを作成したい。どうすればいいでしょうか??
正解は撮るだけフォトブックを利用することです。 『撮るだけフォトブック』無料編集ソフトを使用して、ご自宅からご注文いただけるサービスです。
公式サイト▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼



フィルム感度の選び方:写真光テクニック 関連ページ

1/3の法則:写真光テクニック
なにかに夢中な子ども:写真光テクニック
減光フィルター:写真光テクニック
カラーフラッシュ:写真光テクニック
あきらめずに何枚も撮る:写真光テクニック
クローズアップを撮れ!:写真光テクニック
ドラマチックなコン卜ラスト:写真光テクニック
写真で語る:写真光テクニック
あらかじめピン卜を合わせる:写真光テクニック
魅惑のシルエット:写真光テクニック
これも商品写真:写真光テクニック
カメラを投げろ!:写真光テクニック
沈んでいく太陽:写真光テクニック
両手にカラーフラッシュを:写真光テクニック
悪天候はラッキー:写真光テクニック
フィルフラッシュでのモーション撮影:写真光テクニック
好き勝手に露出補正:写真光テクニック
奇妙な光景:写真光テクニック
灯りの軌跡:写真光テクニック
写真を撮ってもいいか?:写真光テクニック
被写体に注文するな!:写真光テクニック
フラッシュをオフに:写真光テクニック
重要なのは強烈な色:写真光テクニック
真俯瞰の構図:写真光テクニック
隠されたスケール:写真光テクニック
三脚が使えない環境でも:写真光テクニック
被写体だけをシャープに:写真光テクニック
アクションを撮る:写真光テクニック
ハレーションの使いどころ:写真光テクニック
見えない線で遠近感を:写真光テクニック
コン卜ラス卜は色だけではない:写真光テクニック
色彩の調整方法:写真光テクニック
セルフポートレートのススメ:写真光テクニック
大きなスケールを伝える:写真光テクニック
建築のデイテールにこだわる:写真光テクニック
冷たい青:写真光テクニック
自然な表情をとらえる:写真光テクニック
構図を決める方法:写真光テクニック
露出を決める方法:写真光テクニック
シャッタースピードを決める方法:写真光テクニック
絞りと、その良き相棒、被写界深度の関係:写真光テクニック
一眼レフとデジタル一眼レフの選び方:写真光テクニック
フィルムコンパクトカメラの選び方・ゾーンフォーカス編:写真光テクニック
鮮明なスキャン:写真光テクニック
写真を使ってなにかを作る方法:写真光テクニック
写真をファイルする方法:写真光テクニック

HOME プロフィール お問い合わせ