絞りと、その良き相棒、被写界深度の関係:写真光テクニック

ワンランク上の高品質フォトブックを作成したい。どうすればいいでしょうか??
正解は撮るだけフォトブックを利用することです。 『撮るだけフォトブック』無料編集ソフトを使用して、ご自宅からご注文いただけるサービスです。
公式サイト▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

絞りと、その良き相棒、被写界深度の関係:写真光テクニック

 

絞りと、その良き相棒、被写界深度の関係:写真光テクニック

 

      

 


絞りは、フィルム/センサ一に届く光の量を調節する。

 

絞り とは、レンズとフィルム/センサ一の間にある孔で、フィルム/センサ一に届く光の量を調節するために、開いたリ閉じたリすることができる。

 

わかりやすく例えると、絞りはカメラの瞳孔だ。まぶしい日に外へ出ると、瞳孔が小さくなリ、 目の奥にたくさんの光が差し込むのを防ぐ。

 

同様に、暗い場所では、たくさんの光を取り入れるため、瞳孔は広がる。

 

絞りの設定は、孔のサイズのことをさす。

 

これは、絞り値で測 られ、f/2.8、f/4、f/5、f/8、f/11、f/16などと表記される。

 

数字が大きいほど孔は小さく、フィルム/セン サ一に届く光の置は少ない。

 

目盛りがひとつ上がるごとに、 フィルム/センサ一に当たる光の量は半分になる。つまり、 f/2.8は、f/4の2倍の量の光を取リ入れる。

 

多くの人が、これで混乱してしまう。数字が大きくなると、光の量が減るというのが理解できないのだ。

 

絞リ値は、 使用するレンズの焦点距離を表している。ミリメー卜ルで測 る焦点距離は、そのレンズが適応する倍率をさす。

 

数字が大きいほど、そのレンズが出せる倍率が大きいということ。

 

つ まり、100mmのレンズを使って絞り値を2.8にすると、絞リの孔の直径は、100÷2.8で、つまり、41.6mmになる。

 

同じレンズで絞りをf/4に設定すると、孔の直径は100÷4 で、25mmで、孔は小さくなリ、通る光の量が少なくなる。

 

絞リは、被写界深度(略してD0F)に影響を与える。被写界深度は、画像のピントが合っている範囲を調節する。

 

写真では、少女にピントが合っているが、背景はすべてぼけている。

 

また、カメラに一番近い、少女が座っている手すリもピントがずれていることがわかる。

 

これは、絞りがf/1.4 に設定されていて、つまり絞りが最大になっていたからだ。

 

数字が少ない(絞リが開いている)と、被写界深度が浅くな リ、ピントが合っている範囲が少なくなる。

 

浅い被写界深度は、この写真の少女のように、画像の一部のみを強調したいときに役に立つ。

 

もし、この写真をf/22で撮影したら、右側にいる人たちを含めたすべてにピントが合ってしまい、この写真の主人公である電話で話している少女が目立たなくなってしまう。

 

被写界深度を重要視したいなら、絞り優先に設定する。

 

一眼レフ、デジタル一眼レフ、そしてコンパク卜カメラでも設定 できるものもある。

 

こうすると、自分で設定した絞りに合わ せて、ちょうどいい露出になるよう、カメラがシャッタースピードを調節する。

 

ひとつ注意することは、カメラに絞リ優先モードがあっても、カメラに「絞り優先」とは書いていないことだ。

 

例えばCanonのカメラにはAVと、NikonのカメラにはAと書かれている。自分のカメラにどう記してあるのか、取扱説明書を確認してみよう。

 

ワンランク上の高品質フォトブックを作成したい。どうすればいいでしょうか??
正解は撮るだけフォトブックを利用することです。 『撮るだけフォトブック』無料編集ソフトを使用して、ご自宅からご注文いただけるサービスです。
公式サイト▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼



絞りと、その良き相棒、被写界深度の関係:写真光テクニック 関連ページ

1/3の法則:写真光テクニック
なにかに夢中な子ども:写真光テクニック
減光フィルター:写真光テクニック
カラーフラッシュ:写真光テクニック
あきらめずに何枚も撮る:写真光テクニック
クローズアップを撮れ!:写真光テクニック
ドラマチックなコン卜ラスト:写真光テクニック
写真で語る:写真光テクニック
あらかじめピン卜を合わせる:写真光テクニック
魅惑のシルエット:写真光テクニック
これも商品写真:写真光テクニック
カメラを投げろ!:写真光テクニック
沈んでいく太陽:写真光テクニック
両手にカラーフラッシュを:写真光テクニック
悪天候はラッキー:写真光テクニック
フィルフラッシュでのモーション撮影:写真光テクニック
好き勝手に露出補正:写真光テクニック
奇妙な光景:写真光テクニック
灯りの軌跡:写真光テクニック
写真を撮ってもいいか?:写真光テクニック
被写体に注文するな!:写真光テクニック
フラッシュをオフに:写真光テクニック
重要なのは強烈な色:写真光テクニック
真俯瞰の構図:写真光テクニック
隠されたスケール:写真光テクニック
三脚が使えない環境でも:写真光テクニック
被写体だけをシャープに:写真光テクニック
アクションを撮る:写真光テクニック
ハレーションの使いどころ:写真光テクニック
見えない線で遠近感を:写真光テクニック
コン卜ラス卜は色だけではない:写真光テクニック
色彩の調整方法:写真光テクニック
セルフポートレートのススメ:写真光テクニック
大きなスケールを伝える:写真光テクニック
建築のデイテールにこだわる:写真光テクニック
冷たい青:写真光テクニック
自然な表情をとらえる:写真光テクニック
構図を決める方法:写真光テクニック
露出を決める方法:写真光テクニック
シャッタースピードを決める方法:写真光テクニック
一眼レフとデジタル一眼レフの選び方:写真光テクニック
フィルムコンパクトカメラの選び方・ゾーンフォーカス編:写真光テクニック
フィルム感度の選び方:写真光テクニック
鮮明なスキャン:写真光テクニック
写真を使ってなにかを作る方法:写真光テクニック
写真をファイルする方法:写真光テクニック

HOME プロフィール お問い合わせ